TOP > 法人の方へ > 労働問題

労働問題

人事・労務に関する法律相談について

就業規則の改訂、残業代の未払い、利益減にともなう賃金水準の引き下げ、退職者から労働審判を申し立てられた…など、経営者にとって人事・労務問題は悩みの尽きないところだと思います。
とりわけ、最近多いのが雇用を巡るトラブル。経営維持のためにやもなくリストラを断行する一方で、生活の糧を失う労働者は不当解雇だと企業に申し立てるケースも少なくありません。
 
野田総合法律事務所では、会社側からのご相談を中心に、労働基準法を初めとする法律を基本としながらも、最良の解決策を模索していきます。
  労働問題

労働問題解決の流れ

法律相談

法的に問題となる点や過去の労働判例について、具体的にアドバイスします。
話し合いによる解決が可能か、訴訟などの法的手続きを取った方がよいかなど、最適な手法について相談します。

弁護士委任

弁護士に委任した場合、基本的には窓口が弁護士に一本化されるため、業務に集中できるようになります。
会社側・労働者側のいずれの場合も、まずは相手方当事者と交渉を行い、話し合いによる解決ができないかを探ります。

事件処理

法的手続きが必要な場合、弁護士が依頼者の代理人となって協議・調停・裁判等を行います。

事件解決

相手方当事者と無事に和解が成立、または判決確定など一定の結論が出た段階で解決です。
  • ご相談はお気軽にお問い合わせください。的確なアドバイスをさせていただきます。
  • TEL:04-7124-7590 受付時間 9:00~17:00
  • お問い合わせはこちら

法律に関するお悩み、ご相談は、お気軽に野田法律事務所までお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 04-7124-4590
  • 受付時間 9:15~18:00
    (土日祝日除く)

お問い合わせフォーム

初回法律相談無料